特殊清掃で使われる薬品

特殊清掃は数々ご紹介してきたとおり、一般の清掃とは種類も異なる。
特別な事情があるお宅の清掃をプロが行います。

いろいろな薬品を用いて、現場の原状回復にあたります。
どのような薬品が使われているのでしょうか。

御遺体のあった場所に特殊清掃を行う場合、御遺体が感染症の原因菌やウィルスに侵されたいる可能性もあり、非常に危険なのです。
ご遺族であっても、こういった現場にはむやみに近寄らないようにしてください。

特殊清掃で使われる薬品

■次亜塩素酸ナトリウム
殺菌のメカニズムは、菌の細胞膜を通過して核酸を攻撃し、酵素を破壊する塩素イオンによる「塩素殺菌」です。
漂白剤やカビ取り、プールでの除菌や消毒などで使用されており、日本でもっとも普及している安価なものだが、が使用する際は注意点が多い。

■エチルアルコール
エタノールのことで、身体の消毒にも使用できるもの。
広範囲に用いられる成分である。
ただし、菌やウィルスの種類によって耐性があるため、有効性に限界があり、揮発性が高く、蒸発による自然分解が速いため、持続性が低い。

■オゾン
自然界にも存在する成分ですが、殺菌に必要な有効濃度を生成するには装置が必要です。
殺菌のメカニズムは、酸素原子の強力な酸化作用による「酸化殺菌」
殺菌に必要とされる有効濃度下では人体に与える影響が大きく、ゴム、プラスチックの劣化、金属腐食などの副作用も懸念されるので使用には注意が必要。

こういったさまざまな薬品を用いなければ、長く遺体のあったような場所は元通りにはならないのです。
そのため、特殊清掃員は特別な知識をもって、現場にあたるのです。

Category: 特殊清掃

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>